【衝撃】探偵ナイトスクープの新局長が決定!【松本人志が就任】

スポンサーリンク
ニュース

 

探偵ナイトスクープの新局長はダウンタウンの松本人志さん!

「探偵!ナイトスクープ」緊急発表!3代目局長は松本人志!

 

衝撃的な発表でしたね。

 

今の西田敏行さんから

イメージがかけ離れているため

なかなか受け入れにくい…。

など様々な声があります。

 

 

スポンサーリンク

探偵ナイトスクープとは?

 

スタジオをひとつの探偵事務所と想定し

視聴者から寄せられた依頼を

探偵局員が投稿した視聴者と共に調査し

その過程のVTRを流す。

個性的な依頼者などが時に登場し

依頼者の中には一般人として番組に出演した後に

著名人となって各分野で活躍する者も登場した。

また、取材先のその場で出会った者が

探偵よりも視聴者の目を奪う程の個性を

発揮することもある。

 

 

これまでの歴代局長

依頼や報告に対して

集中して感想や意見を述べる

ご意見番である局長。

 

時には涙を見せ

番組を盛り上げていました。

 

初代

上岡龍太郎

 

上岡は探偵ナイトスクープでは定型の口上から始まる。

この番組は

「こんばんは、探偵!ナイトスクープの時間がやってまいりました。複雑に入り組んだ現代社会に鋭いメスを入れ、さまざまな謎や疑問を徹底的に究明する、探偵!ナイトスクープ」

 

上方の芸人として探偵たちの大先輩であり

不人気番組から立ち上げた自負を持っていたため

VTRの内容について厳しい批判を述べることもあった。

 

特に初期の頃には、探偵に対して

「クビ」「もう探偵はやめろ!」

「レベルが低すぎて話にならん!」などと

探偵を罵倒する発言をしていた。

 

その一方で、スタジオでは探偵に

対して鋭くツッコミを入れて弄る等

芸人としての一面も見られた。

 

 

2代目

西田敏行

 

上岡からは、新局長には

・『探偵!ナイトスクープ』のファンであり

・阪神タイガースのファン

・探偵局員より年長者である

・上岡クラスか、それ以上の大物である

といった条件を満たす人物を要望していた。

 

涙もろく、感動的な内容のVTR後には

西田の泣き顔がアップで入ることが多い。

 

依頼内容のタイトルが、

感動的な内容を予感させるときには

「これ(ハンカチ)いる?」と、

ハンカチをあらかじめ取り出していたりする。

 

また、感動的なVTRの最後には探偵自ら

「局長も今これを見て泣いていると思います」

と予想することもある。

 

 

3代目

松本人志

 

西田と並んで行われた就任会見にて

松本は「大ファンでしたから、二つ返事で引き受けました」

「これだけ完成している番組に乗っかるというのは初めて。

番組を壊さないようにしつつ自分の色を

出さなければならないので、考えながらやっていきたい」

と語り、西田からもエールを送られた。

 

なお、松本は2016年5月27日放送分で

依頼者として出演した経験がある。

依頼は「陶器の器がはずれない」。

依頼文には「東京都 52歳 男性」とだけ記されており

担当した澤部探偵は現場に現れた松本を見て

初めて依頼者が松本であることを知り驚いていた。

 

 

新局長就任に対しての反応

 

 

 

 

 

 

 

ニュース
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
投稿者をフォローする
わらろぐ

コメント

タイトルとURLをコピーしました